京都府柔道整復師会は京都府の接骨院・
整骨院を開業する柔道整復師の団体です

京都府柔道整復師会は京都府の接骨院・整骨院を開業する柔道整復師の団体です

〒604-8823

京都市中京区壬生松原町16番地 室谷ビル3階

TEL 075-813-1156    FAX 075-813-1158

 
 

(公社)日本柔道整復師会 第44回近畿学術大会 滋賀大会

2019.10.20

令和元年10月20日(日)、公益社団法人日本柔道整復師会 第44回近畿学術大会 滋賀大会が滋賀県大津市のピアザ淡海 県民交流センターに於いて開催されました。本学術大会は柔道整復師、並びに養成校学生の生涯学習の一環として、柔道整復術の研究、医学的技術と知識の研鑽、資質向上、及び地域住民の健康と福祉に寄与することを目的に開催されています。また、“深まる探求心、高まる行動力”をスローガンとしています。

開会式の後、京都府立医科大学大学院 リハビリテーション医学教授 三上 靖夫 先生による「スポーツによる頭部外傷・脊椎脊髄損傷」と題したご講演がありました。格闘技やコンタクトスポーツに多い標記の損傷について解説されました。柔道指導者やスポーツ指導者、救護活動などを行う者にとって必須な内容でした。次に日整基調講演として「日整と柔道整復師の進むべき道と未来像」と題して公益社団法人日本柔道整復師会 工藤鉄男会長がご講演されました。柔道整復師業界での現状を踏まえて厳しい状況を打破し、社会に必要とされる柔道整復師を目指していくことについて大変有用な内容でした。

特別講演終了後は第Ⅰ会場~第Ⅲ会場で並行して会員や養成校学生や教員による発表、近畿超音波画像観察委員会委員などによる超音波画像観察装置関連の発表、日本柔道整復師会 総務部 地域包括ケア推進室の介護関連の発表も行われました。次回の近畿学術大会は2021年(令和3年)本会が主管となり京都で開催される予定です。

 

本会の発表者

  • 起倒流の形と古式の形  近藤桂市会員
  • 鎖骨遠位端骨折に関する1症例  岡村優輝会員
  • 急性腰痛(いわゆるギックリ腰)に対する症例報告 腰方形筋へのアプローチ 細川義昭会員

会場:ピアザ淡海

第Ⅰ会場の様子

一般会員発表者

 

 

PAGE TOP

表示: スマートフォン | PC

メニュー