京都府柔道整復師会は京都府の接骨院・
整骨院を開業する柔道整復師の団体です

京都府柔道整復師会は京都府の接骨院・整骨院を開業する柔道整復師の団体です

〒604-8823

京都市中京区壬生松原町16番地 室谷ビル3階

TEL 075-813-1156    FAX 075-813-1158

 
 

第24回日整全国少年柔道大会・第5回日整全国少年柔道形競技会・第39回日整全国柔道大会開催

2015.10.12

文部科学大臣杯争奪第24回日整全国少年柔道大会・第5回日整全国少年柔道形競技会、第39回日整全国柔道大会が平成27年10月12日(月・祝)講道館大道場にて開催されました。

日整全国柔道大会

開会式後、少年柔道形競技会が行われ、監督 井上彰二先生が率いる京都府チームは、奥田丈翔選手(取)・藤大知貴選手(受)が出場しましたが、惜しくも予選敗退となりました。

会員による団体戦は、監督 杉尾裕司先生が率いる近畿チームは順調に勝ち進みましたが、決勝戦にて東京チームに惜しくも負け準優勝でした。本会からは湊谷知幹選手とガンバートル・フデレムンフ選手が参加しました。湊谷知幹選手は優秀選手賞を受賞されました。

午後から少年柔道大会が行われ、監督 岡田達也事業副部長が率いる京都府チームは前年優勝の青森県チームと戦い健闘しましたが、残念ながら1回戦敗退となりました。京都府チームの先鋒 福田銀次選手は、佐藤選手と戦い優勢に攻めつつも惜しくも引き分け、次鋒 溝口朔空選手は、沼端選手を相手に大きな体格差にも怯むことなく奮闘しましたが、横四方固めで一本負け、中堅の中川凱斗選手は、相手の横山選手との体重差が30kgありましたが果敢に攻めるも払い腰からの袈裟固めで一本負け、副将の片山大成選手は、増田選手を相手に一進一退の攻防の中、一瞬の隙を突かれ押さえ込まれて一本負け、大将の山田晃輝選手は、お互い攻め合い好勝負の中、内股をかけられ頑張って耐えていたが有効を取られ優勢負けしました。

日整全国柔道大会2

PAGE TOP

表示: スマートフォン | PC

メニュー